カテゴリー「 県外*旅行記/沖縄・海外」の2件の記事

*海外・旅行記*格安ツアーで台北旅行3~4日目(台湾)2011.11.13~14

さてさて、だいぶ遅くなってしまいましたが
台湾旅行の続きを書きたいと思います。

3日目はフリータイムだったので
てるみくらぶのアレンジプランを追加しました。
人気の九份観光(午後~夜)
九份にて古街散策→九戸茶語にて郷土料理の夕食
というプランで確かひとり五千円くらいだったかな。

そのプランのホテル出発の時間は16時だったので
それまでは自由行動。私たちは頑張って早朝から行動です!

地下鉄を乗り継いで、着いた場所は中正紀念堂。
そうです。昨日市内観光でも回った場所。
なぜまたここへ来たのかというと‥

本場の太極拳を見るため!!です。

S12093217

上の写真が太極拳かどうかわかりませんが、
1日目、大龍峒保安宮へ行く途中に偶然見かけた光景。

ガイドブックには
朝6時ころから8時頃までいくつもの団体が練習しています。
と書いてあったので、とりあえず行ってみました。

S13082924

公園入口の正門。間近で見るとスケールデカ過ぎッ^^;

太極拳をやっている場所は回廊や周囲の木陰
と書いてあったのでぐるりと散策してみることに。。。

S130819051

公園内の森の中で台湾リス?!に遭遇☆
警戒心があまりないのか、結構近くまで寄ってきて可愛かった^^

しかし肝心の太極拳は‥ん?ん?ん?

Ss13081357 Ss13094815_2

皆さん集まって体操らしきものはしているのですが、
私たちがイメージしていた太極拳らしい動きはしていませんでした。
単なるストレッチのような、日本でいうラジオ体操のような。

そういえば公園内でカラオケをしているグループもあって
「なんで~こんな~に可愛いのかよ~」
と大泉逸郎さんの孫が流れてました。ここ本当に台湾?!(笑)

そんなこんだで、台湾らしい光景を見ることができず
ちょっとテンションが落ちていましたが(一緒に太極拳したかった)
気を取り直して、記念堂の不思議なオブジェたちと記念撮影w

S13083959

なんかこんなキャラクター、ドラゴンボールに出てませんでした?

S13084235

この子、絶対“千と千尋の神隠し”の坊のモデルでしょ!

こんな面白オブジェを前に大人しくできるワケがない私たち。

Ss13083254 Ss13083823 Ss13083702

日本の恥。三十路の恥。
たた旅の恥は掻き捨てでございます。
※ちょっと弁解しますと、早朝の為人はあまりおりません。

そんな感じでややテンションを回復させ、次の目的地へ。
向かったのは台湾No.1のパワースポットと評判の龍山寺です。

S13102510

昨日からお寺ばかり行っている気がしますが、
龍山寺は恋愛の神様、月下美人が祀られているんです。
といっても他にも学業や健康などの18もの神様がいるのですが。
龍山寺が“神様のデパート”と呼ばれているのも頷けますね^^

S13102203_3

↑困った時だけ(真剣に)神頼みの図。

さて、龍山寺だけでもパワー的には十分なのでしょうが、
台湾で恋のお願いスポットとして欠かせない霞海城隍廟へも
行ってきました。ちなみに中山駅から初タクシー。

無事に到着し、まずは参拝に必要な金紙と線香3本のセットを購入。

S13113100

したのですが、恋のお願いをする場合はその後に
別の場所でお供えセットも購入しなければならなかったのです。

それに気付かなかった私たち。
お参りはしたものの、他の参拝客と何かが違う。何かが足りない。
完全に下調べ不足の私たちは
恋愛のお守り(鉛コインと赤い糸)を購入することができず、
「きっと神様も私たちの願いは叶えられないんだ‥」
と卑屈になってお寺を後にしました。しゅん。

霞海城隍廟の周りは迪化街という問屋の町。

Ss13120949 Ss13121343

レトロといえばレトロで雑多といえば雑多な雰囲気。
漢方薬やお茶が売られていましたが何が何だかわからない~。
少しブラブラして、早々に中山駅へ戻りました。

しかしやっぱり言葉が通じない国での自由行動って大変。
行きのタクシーは問題なかったケド、帰りのタクシーの運ちゃんは
ちょっと怪しかったし、ご飯を食べるところも悩んでしまう。

結局ガイドブックに載っていた定番中の定番、
タピオカミルクティーを発明した春水堂さんでランチすることに。
しかし、これが正解!どれもこれもめちゃ美味しい!!

S13133335

香辛料のクセもなくて絶対日本人好みの味だと思います。

Ss13133525 Ss13134334

あ~写真見てたらヨダレが出てきた。。。

早朝からアチコチ歩いて疲れていたケド
タピオカミルクティーも飲んで完全復活しました^^

S13133537

台北市内、結構色々なところに支店があるようなので
迷った時には春水堂、オススメです。

その後ホテルまで歩いて帰り、
九份へ行く16時まで暫しの休息。私は爆睡(笑)

そして夕方、お迎えのバスで九份へ出発です。
これが九份(フンが文字化けしてたらスイマセン)の案内図。

S13171850

所々に描かれているキャラクター、見覚えありませんか?
そうです。ジブリ映画“千と千尋の神隠し”に出てくるカオナシです。
なぜそのカオナシが描かれているかというと、
ここ九份の街並みがモデルになったと言われているからなのです☆

台湾に行くからには絶対に行きたいと思っていた場所。
楽しみすぎる~とワクワクしていたらなんか怪しい雲行き。
台北から九份までは高速を使って1時間程度かかるのですが、
だんだんと小雨がパラつき、九份に着いた時にはドシャ降りに。

実はここ九份は年平均の降雨日数が206日という雨の街。
とは言っても、何もここまで降らなくても‥というくらいの激しさ。
ツアー名には夕方の九份散策と書いてあった気がするケド、
街はもう真っ暗で、提灯の灯りが辺りを照らしていました。

Ss13185213 Ss13184121

こんなにドシャ降りなのに九份は人で溢れてましたよ。
はぐれないようにガイドの曹さんに着いていくので精一杯。
雨だから写真もちゃんと撮れないし~(泣)

S13190204 

微妙な写真ですが、
ここが宮崎駿監督が訪れスケッチしたと言われる阿妹茶酒館。
店内にはカオナシのモデルになったお面もあるとか。

S13195400

この通りを下から見上げるといい感じ。
ノスタルジックな雰囲気がたまりません。

プランに付いている夕食は九語茶屋さんにて。
同じツアーに参加している9名で円卓を囲みました。

S13191120 

日本から連れて行った坊ネズミが案外カワイイ。

Ss13192102 Ss13192159_2

料理は中華。1日目に行った丸林さんと似た感じ。
そして料理にがっつくお父さんとお母さんを演じる私たち。

S131935201

は~お腹いっぱい。こりゃ豚にもなるわ。

S13194104

食事の最後は芋圓と呼ばれる名物デザート。
なかなか満足な夕食でした。

S13194900

そして何よりこのお店から臨める九份の夜景が美しかったな。
雨だったのは残念だったケド、 念願叶って良かったです。

そして‥ここから大暴走の夜が始まります。

バスの中で話が盛り上がり、
ホテルにて千と千尋の登場人物の仮装をすることに。
担当はKっちが湯婆婆、Aっちが釜爺、そして私はカオナシです。

即席カオナシの作り方。
①顔中をファンデーションで塗りたくります。

Ss13225827

②アイライナーで模様を書きます。

Ss13230615

③黒い服を頭までスッポリかぶります。

Ss13230947

できあがり。(笑)
馬鹿でしょ?!馬鹿だと思うでしょ?!?

Ss132318011

類友。(拍手)

わかりづらいと思いますが左が釜爺、右が湯婆婆。
モザイクなしではとても耐えられない画になりましたw

Ss13230158 ←準備中(笑)
Ss13231223
Ss13231228
Ss13231236

楽しそうだな~私。

後日姉に写真を見せたら
「ホテルでやってエラかったね。」と褒められました。
どんだけ~~~。

‥こうして台湾最後の夜は更けていったのでした。

そして4日目。
早朝の便で日本へ帰国です。

S14080107

ありがとう、台湾。

さようなら、台湾。

いつかまた再訪できる日がくるまで。

台湾は海外旅行初心者にはピッタリの国です。
食べ物は美味しいし、人々は親日家が多いし、いいですね。

さて、台湾から帰国後2日目
強烈なアゴの痛みと共におたふく風邪発病。
皆、口を揃えて言います。

「カオナシの祟りだね。」って。

Simg_745656_31678226_0

あ゛ー‥。

| | トラックバック (1)

*海外・旅行記*格安ツアーで台北旅行1~2日目(台湾)2011.11.11~12

行って参りました!久々の海外旅行in台湾!!

ウキウキと日記を書いている途中に
おたふく風邪を発病してしまいまして一週間闘病・・・。
熱にうなされたせいか若干記憶が薄れつつありますが
写真を頼りに思い出を書き留めたいと思います。

今回の旅は旅行会社てるみくらぶの
忠烈祠・故宮+市内観光&夜市♪台湾料理ランチ+鼎泰豊ディナー
という格安ツアー。何年か前にTVでこのツアーが紹介されていて
(梅宮夫妻が参加してた)行ってみたいと思っていたんです。

口コミでは色々とあったりしますが、
私たちは特に不自由なく旅行を迎えることができました。
出発は羽田空港。航空会社はエバー航空です。

台北までの所要時間は約3時間(帰りはなぜか2時間半)
それでもちゃんと食事が出るんですね。

S11132924_3

台湾に着く前に台湾ビールで一杯。完全にオヤジです。

S11155919

あっという間に台北松山空港に到着。海外の実感ゼロ。

3泊4日の旅行ですが、なんと天気予報は4日間とも雨。
なんてこったい。恐るべし雨女パワーです。

空港ロビーで添乗員の曹さんがお出迎え。
日本語ペラベラなので助かります^^

この日はホテルへ直行かと思いきや、
早速格安ツアー特有の土産店への立ち寄り。

Ss11172117 Ss11172343

お茶セミナーを兼ねた販売方法なのね。
ケド、試飲や試食をさせてくれることは有り難いかも。
台湾って元々そういう文化はないんですって。

初っ端からお土産を買うのもどうかと思ったけど、
ちゃんとしたお店のようだったので色々買ってしまいました^^;

そして夕方ホテルへチェックイン。
今回私たちが宿泊したのはフォワードホテル・タイペイ。
スタンダードなプランに三千円程追加して指定。

Ss11185715 Ss11185739

このホテルにして正解でした。
内装はオシャレだし、なんといっても清潔感バッチリ☆
三人で一部屋だったので少々狭かったけど無問題です。

S11190227

ただトイレの時に足元が丸見えというね‥(笑)

しか~し、ホテルでゆっくりするのはまだ早い。
早速台北の街へ繰り出します。

台北の地下鉄MRTに初乗車。
乗る前は結構ドキドキしてましたが、
路線図さえ持っていれば乗り換えも簡単です。
しかも大体の駅へ20N$(日本円で約60円)で行けて安い。

Ss11192125 Ss11193328

帰宅ラッシュに重なったのか鬼混みでしたが。。。

MRTを乗り継いで向かった先は台北101
本当は展望台から台北の夜景を一望したかったんですが

Ss11201409 Ss11195600

ドシャ降り。101のビル自体も靄に隠れたり、現れたり。

S11201132

台北の夜景は次回(あるのか?)におあづけです。

とりあえずお腹が空いていたのでB1のフードコートへ。
めちゃくちゃ広いフロアーなのに席がない!
かなり強引に席取りしないといつまで経っても座れない!!
座れた時は(勝った‥)とかなりホッとしましたよ。

Ss11203856_4 Ss11204328_4

メニューのチョイスは友だちに任せたけど、
どれも食べやすくて美味しかったです。
右のは台湾名物牛肉麺。牛の胃袋入りでした。

食事の後は近くのデパートをブラブラして
23時頃にはホテルへ戻りました。ふ~疲れたぁ~。
ホテルではモチロン本日2本目の台湾ビール。金碑ウマイ。

長くなってしまうので1日目はこの辺にして、
2日目はツアーに組み込まれている一日市内観光へ。
朝8時にてるみくらぶのバスがホテルへお出迎え。

まず向かったのは医療の神様を祀った大龍峒保安宮

Ss12093612 Ss12093534

装飾が凄く鮮やか。なんだか沖縄チックな色彩です。

S12094159

ここでは曹さんに台湾式のお参りの仕方と、
おみくじの引き方を教えてもらいました。

S12094904

半月形の木片を手に取り、住所・氏名・生年月日等の自己紹介。
神様が間違わないようになるべく詳しく説明するんですって。

そしてお願い事を念じたらその木片を地面へ落とします。
木片が裏表に出たらおみくじの棒を引いてOK!
そこに番号が書かれてます。

その番号でよいのかもう一度木片を投げて確認。結構大変w
裏裏、表表だった時は3回まで投げていいらしいですよ。

S12093739

中国語だったから意味はよくわからなかったケド、
喜ばしい感じではなかったような。。。(笑)

それにしても、思ったのは台湾人の信仰心の厚さ。
お年寄りだけでなく、若い人たちの多さにカルチャーショック。
台湾の方々のエネルギーを感じました。

さて、続いて向かった先は定番中の定番、忠烈祠
(詳しい説明はリンク先をご覧クダサイ。)
衛兵交代の時間に間に合うように到着。

S12102925

凄い人混みでちびっ子の私にはまったく見えない。
ケド、なんとか間をくぐり抜けて写真をパシャリ。

Ss12100706_2 Ss12100855_3

かっくい~☆
陸・海・空軍から選び抜かれた衛兵さん。
この日は確か海軍さんたちだったと思います。

S12100904_3

曹さんに言われたイケメンチェックも忘れずにw

しかしお付きの警備員さんがなかなか厳しくて
ちょっと前へ出ると「出ないで!」「下がって!!」って
バリバリ日本語で注意してくるのが怖かったなぁ^^;

S12102208_4

雨予報の天気も何とか持ってよかった^^
訓練の賜物、素晴らしいパフォーマンスに拍手でした。

S12103308

それにしてもこんなに観光客に囲まれても
表情ひとつ変えない衛兵さんってスゴイ。
私だったら興奮して絶対鼻の穴膨らんじゃう≡3(笑)

忠烈祠の後は昨日とは違うお茶セミナーへ行ったけど
長くなるので割愛させていただきま~す。

次に行ったのはこれまた定番中の定番観光地

S12120914_2

台北のシンボル、中正記念堂です。
ここには巨大な蒋介石のブロンズ像が置かれ、

Ss12121813 Ss12122200

護兵さんもいました。やっぱりピクリとも動かない。

S12121315_3

それにしてもスケールの大きい景色。

Ss12121339 Ss12121248

右側のオレンジ色の建物、ドラゴンボール色だ。
なんか中でクリリンが修行してそうですw

普段は台湾が中国の影響を受けていると思わないケド、
(言葉とか通貨とかはおいといて)建築物等を見ると
やっぱり似ているな~なんて思ったりしますね。

あ、あと料理とかもやっぱり中華系かな。
丸林さんでの昼食は円卓を囲んでの中国式だったし。

S12125952_3

全然知らない人たち(といっても同じツアーの方々)と
同じお皿の料理を食べるって抵抗ある人もいるのかな?

私は全然平気^^
同じ言葉が通じる(当たり前だけど)日本人同士だから
「美味しいですね~」とか「これ何だろう?」とか話もできるし
こういった面では特に不自由はありませんでした。

Sss12125141_2 Sss12131244_2

料理はどれも美味しかったです。
だたあえていうなら、台湾料理(中華料理)には欠かせない香辛料
“八角”がどの料理もかなり効いていて、苦手な人もいるのかも。
4日目には身体から八角のニオイが漂いそうな感じでした。

ふ~それにしても満腹過ぎて苦しかった。。。

S12163817

ケド、食後にマンゴジュースを飲んでしまった(自腹)。。。
友だちはタピオカミルク。どっちもウマーでした^^

食事の後は国立故宮博物院へ。
本当は午前中に故宮博物館へ行く予定だったのですが、
観光客が多すぎて入場制限がかかってしまったそう。
今台湾は中国人観光客で溢れかえっているそうですよ。

撮影禁止なので写真はありませんが、
世界四大博物館のひとつだけあって見事なコレクションでした。

コレクションの中でも、一番の見所の
豚の角煮にそっくりな“肉形石”と白菜にそっくりな“翠玉白菜”
もちゃんと見てきましたよ。これか~って感じでしたw

展示物をただ眺めているだけじゃつまらないけど、
ガイドの曹さんが日本語で詳しく説明してくれるので
助かります。これは個人で行く人にはない特権ですよね。

そんなこんだでツアーも悪くないじゃん。
なんて思っていたのですが、この後ちょっと驚きの展開に。

ツアーに組み込まれていた足つぼマッサージ店へ。
これは希望者だけがマッサージするもんだと思っていましたが
半強制、いや殆ど強制的にやる感じでした。
もちろん別料金。30分で1500N$くらいだったかな。

なんとなく腑に落ちない感じもしましたが
まぁ、格安ツアーなので仕方ないかな~と納得させ、
私は足つぼじゃなくて同料金の上半身コースにしました。

年輩の女性がグキグキと身体をほぐしてくれました。
片言の日本語で「アナタ、ベンピ(便秘)ネ」
と10回くらい言われました。当たってるネ。

友だちふたりは足つぼ。

Ss12165422

この距離でよく撮影したな(笑)

そんな良くも悪くも盛りだくさんな市内観光はまだまだ続きます。
続いて向かったのは商売の神様、行天宮です。

Ss12174840_2 Ss12174056_2

「浪費癖が直りますように‥」   (ムリじゃ‥)←神の声

さて、ここの行天宮とセットにされている観光スポットがコチラ。

S12174530

地下通路にある占い横町です。
お店には日本芸能人の写真やサインがズラリ。
「日本語できます」の記載も多かったです。

ここでの占いは希望者のみ。
私は元々占い好きということもあってやってみることに。
一回1,000N$でした。

S12180218

私が選んだのは優しそうな女性の先生。

名前と生年月日、米粒をつまんでパラパラ。。。
流暢な日本語ではなかったけど優しく説明してくれました。

その結果は・・・
・元々晩婚型
・結婚相手はあまり経済力はない
・けれどとても優しく幸せな家庭が築ける
・私は今の仕事を辞めてはいけない

う~ん、妙に納得(笑)
日本に帰ってからこの結果をシビアな妹に話したら
「見た目で判断されてるとして、金持ちと結婚できないって
言われるってどうなの?」と言われました。チーン。

まぁ、いいよ。幸せになれるんだったら!!!

この地下通路には糸で顔の産毛を抜いてくれる
“挽面”の方々も待機しているので、興味のある方は是非。

そして台湾旅行のメインスポット、台湾といえば小籠包
小籠包といえば鼎泰豐さん(本店)へLet's Go☆

Ss12194537 Ss12194438

予約の人たちだけなのに(多分)めっちゃ混んでる。
こりゃ個人で行ってもなかなか入れそうにありません。

S12195337_3

ケド、待った分だけ食べるときの喜びも倍増ですよね^^

S12195515

中から熱々の汁がじゅわ~もう溜まりません(汗)

味はあっさりで日本人好み。いくつでも食べれちゃう。
ケド、ノーマルVer.はひとり4個ずつ。足りん。

Ss12200211_2 Ss12201953_2

でもでも次々と色々な種類の点心が出てくるので大丈夫。
最後なんて餡入りのデザート風小籠包。珍しい。
サイドメニューも美味しかったし、さすが鼎泰豐さんでした☆

ふ~やっと本日最後の目的地になります。

S12214245

台湾最大の夜市、士林夜市です。

小籠包を食べた直後ということでお腹はいっぱい。
どうしてこういう行程にするんだろう?と疑問でしたが、
夜市での食事はあまりオススメできないみたい。

台湾は水道水も飲めないのですが、
料理に使われている水がどんなものかもわからないし
特に台湾に慣れていない日本人はお腹を壊す確率も高いので
ガイドの曹さんも雰囲気を楽しむくらいがいいって言ってました。

Ss12212646_2 Ss12213154_2

活気があって、台湾らしいといえば台湾らしんんですが^^
お腹いっぱいの私たちには油のニオイさえちょっとキツく、
臭豆腐のキョーレツなニオイにもめげ即退散。。。

ここからは各自解散なので地下鉄でホテルに戻り、
濃厚な一日が終わりました。楽しかったな^^

S12195329

明日は何が起こるかな~♪次回へ続きます\^^/

| | トラックバック (0)