« 静岡*花 | トップページ | 静岡*旅 »

*静岡県の紹介*

このブログを作成するにあたり
静岡のことをもっとよく知ろうとネット等で調べたところ
面白い情報が出るわ、出るわ。

根も葉もない噂から、ちょっと笑える県民性。
その他真面目な地理・歴史等。
これを読んで静岡のこと少し詳しくなっちゃいましょー。

静岡県
県庁所在地は静岡市。
2008年現在、都道府県別人口は第10位である。
また静岡市と浜松市の2つの政令指定都市を有する。

キャッチコピーは「ふじのくに 静岡県」
スローガンは「富国有徳 創知協働」
マスコットキャラクターは「ふじっぴー」

Fuji_2 

47都道府県の中で昔から「10番目の県」といわれる静岡県。
その平均的な地域性から、
新商品のテスト販売地となることも多いところである。

静岡は暖かく、産物はお茶、ミカン、久能山の石垣イチゴ、
浜名湖の鰻とバラエティに富む。
こうした風土から、万事のんびりしていてお人好しで、
おっとりした人間が多いという。
反面、他者を押しのけてはい上がろうとの、
ハングリー精神に欠けるとの指摘も聞かれる。

BUT東西に広大な県となっており、
東西で住民の意識が違い、気質も相当異なる。

性格の明るさと積極性では遠江、駿河、伊豆の順。
人間のよさでは伊豆、駿河、遠江の順といわれている。
何を根拠に‥。

伊豆地方
この地方の人柄をたとえて、人の良さ伊豆乞食。
(伊豆に行けば乞食も食うのに困らない、という意味。)

駿河地方
清水の次郎長に代表されるような義理人情型。

遠州(遠江)地方
浜松のある遠州地方には「ようし、やろうぜ」「やってやろう」
という意味の「やらまいか」精神が浸透しており、
その精神が多くのヤマハ、ホンダなど多くの起業家を生んだ。

その土地のイメージが住民のイメージにも反映するのですね。
※更に詳しい情報は*静岡県エリア別紹介*をどうぞ。

ここからはすんのオススメ本『ご当地バカ百景』による
静岡県のウワサをちょこっとご紹介。

少しでも斜めな地面があったら、とりあえずお茶を育てる。

お茶作りはそんなに甘くないとです‥ヒロシです‥(古)

全員がサッカーをやっている。

冬の高校サッカー選手権で県代表が早々と負けると
これ以上ないほど落ち込む。

※静岡県の予選のレベルが高すぎるので、
  全国大会に出る頃には疲れてしまい、良い結果が残せない‥とか。

サッカー王国静岡。よい響きですが最近はどうかな。
是非このイメージに負けないで欲しいと思う今日この頃。

ドンドコドンの平畠を「ぐっさんじゃない方」じゃなく「平畠」
と認識できる人数がおそらく日本一。

※土曜夕方の番組「くさデカ」で活躍している為。

間違いないです。平チャンは立派な芸能人ですよ。
街で見かけたらきっと写メりますもん。
ちなみにお笑いのパックンマックンも有名だと思います。
この間ロケ中に一緒に写真撮ってもらいました。

富士山は全て静岡のものだと思っている。

富士山は静岡県のものじゃありません‥。
でも山梨県のものだといわれてもちょっと‥ねぇ。

東西で分裂しかけている。
※静岡市民は浜松市民をライバル視している。
  お土産には「うなぎパイ」は使わず、安倍川もちか、「こっこ」を買う。
  同様に浜松市民はお土産には「うなぎパイ」を買う。

すんは静岡市民ですがうなぎパイ派です。

このようなインターネットによって集められた数々の情報、
全国の面白いウワサやジョークが満載な一冊です。
是非読んでみてくださいね。

ついでに静岡人チェックをしてみましょう。

|

« 静岡*花 | トップページ | 静岡*旅 »

*静岡について*」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1033609/20685114

この記事へのトラックバック一覧です: *静岡県の紹介*:

« 静岡*花 | トップページ | 静岡*旅 »